×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

笑顔


クリックでおまけイラストへ

冷たい冬の手が頬を撫で、私はゆっくりと、空を仰いだ。

果てしなく広がる闇の隙間から、舞い落ちる白い雪。

「…美しいものだな」

傍らの男は、ぽかんと口をあけている。

「うん、綺麗だな」

「クリスマスの夜に雪か。なんともロマンティックなものだ」

不意に、首元に巻かれたマフラー。

横を見やれば、でもね御剣、と笑うキミの顔が見える。

「ぼくは早く帰って、あったかい部屋でお前とおでんが食べたいや」

「キミらしい感想だ。わたしはワインがいい」

「いや、おでんだろう。ワインじゃ腹は膨れないよ」

「クリスマスにおでんはどうかと思うのだがね」

「じゃあ、ちょっと豪華にすき焼きにする?」

わたしは笑った。

こんなに近くにいても、わたしとキミは見ているものが違う。

この聖なる夜にキミはおでんを

わたしはキミを想いながら、空を見上げる。

(だが、不思議なものだ)


楽しげに微笑む彼を見ながら、私は思う。

首元から伝わる、彼の優しい温もり。

吐かれた吐息は、白く大気に溶けていく。

「いこっか」

成歩堂の声に、小さく頷き返した。

(キミが笑うのなら、…その違いも、愛しいのだよ)



※画像クリックでおまけイラストへ                                                  
back