×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キミの温度





とん、と彼の青い背中が、私の肩に触れる。

「…何だね」


しかし、彼は応えず、ふっ…と息をつく。

引きずられるように、私の口からも、息がもれる。


深く…深く。

背中越しのぬくもりに…包まれるように。

彼の呼吸に…この身を重ねるように。



やがて、ドアが開かれ、法廷事務官が私を呼ぶ。

「御剣検事、お時間です。…こちらへどうぞ」


私は頷き、そのぬくもりを背に法廷への扉をくぐる。

法曹界を去った一人の弁護士。

(馬鹿馬鹿しい…)

わたしは

だが、、確かに…いつも…どんな時も。


あの背は、守るように

この後ろにあるのだ。


back