e 君と僕の2センチ。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

君と僕の2センチ。


日記の相合い傘ネタより

************************************************************************


成「御剣。駅ならこっちの方が近道だよ」

御「すまないな、成歩堂」

成「いいよ、僕も事務所を出るとこだったし。
   雨、急に降ってきたもんなあ。
   …まあ、男同士の相合い傘なんて、絵にならないけどね」

御「フッ。まったくだ。
  …成歩堂、傘を貸したまえ。私が持とう」

成「え? イヤイヤ。気にするなよ」

御「しかし、キミは私より背が低いだろう。
   背の高いほうが傘を持つ…理に適っていると思うのだが」

成「(イラナイとこ、ついてくるな。コイツ…)
   僕の傘だから、僕が持つ。
   これも理に適ってると思うけど?」

御「キミは私より『2センチ』も背が低い。
   雨に濡れる範囲を考えれば、私が持つ方が、賢いのだよ。
  
   …なんだね、その恨めしい目は」

成「御剣がもっと僕にひっつけばいいんだよ。
   大体、なんだよ、その『2センチ』って? いつ測ったのさ?
   そんなちっちゃいことで、僕が傘をさすチャンスを手放すと思うなよ」

御「話のわからん男だな、キミは…!」

成「どっちが!」

御「見たまえ、キミの頭を」

成「頭?」

御「髪が濡れてヘタレたカイワレ大根のようではないか」

成「か、カイワレ大根?」

御「どこのハウス栽培だ。見るに堪えん」

成「そ、それはお前が濡れないようにって、そっちに傘をずらしてるからだろ。
   カイワレ大根って。
   そんな胸をえぐる言葉、空気が読めない真宵ちゃんだって言わないぞ!」

御「いいから、私に傘を譲りたまえ」

成「イヤだよ。僕がさす。弁護士バッジを捨てても、この傘は手放さないぞ」

御「傘にバッジをかけるな、こどもか! いいか、成歩堂。
  “ 私なら、キミを雨に濡れさせたりしない”
   そう、言っているのだ」

成「…………」

御「………………なんだ。顔が赤いぞ」

成「イヤイヤイヤ。
   ごめん。その…まあ。
   君が持ちたかったら持ってもいいけどさ」

御「なんだ。私の目を見てはっきり言いたまえ」

成「………ちょっと、抱きしめていい?」

御「公道で何を口走っているのだ、キサマは!」


************************************************************************

back

Designed by CSS.Design Sample