e サービスするヨ。
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サービスするヨ。


日記の猫型マッサージグッズネタより。

************************************************************************

信楽「オトコは猫より、人の手だよねえ。
    ホラホラ、座ってレイジくん。
    オジサンがその何か住みついてそうな肩、マッサージしてあげるよ」

御剣「(住みつく…?)
    いえ。あなたにそのようなことをして頂くわけには…」

信楽「いいから、いいから。座って。
    オジサン、こう見えてマッサージの腕はちょっとしたもんよ。
    信さんも喜んでくれたんだから」

御剣「父……もですか」

信楽「そうさ。サイバンチョなんて何回も僕を指名してくれてね。
    法曹界ではちょっとした有名人なんだよ。

    “ シャッチョさん ごシメイ ありがと  サービス スルヨ!” …ってね」

御剣「(何をしているのだ、この人は…)」

信楽「もちろんレイジくんにも、サービスしてあげるよ」

御剣「いえ、私は…」

信楽「“やあ! ボク トノサマン!
    よい子のミんなに 正義☆のマッサージをしチゃうよ☆ キラリン!”」

御剣「ト、トノサマンはそのような裏声ではない!!」

信楽「おやおや。じゃあ、どんなプレイがいいんだい。
    ナース? 女子高生? 女教師? あ、でも女検事はだめだよ。
    ボクは一生ビンワン弁護士だからね」

御剣「いや。そ、そのようなアレではなく。ふつうの肩もみをお願いしたい」

信楽「え! ふつうの!? ふつうのマッサージ? 
    いやいや。オジサンふつうにびっくりだよ。

    ………ツマラナイ大人になっちゃったんだねえ。レイジくん………」

御剣「ぐ……(何なのだ、この屈辱感は…!)」

信楽「ハハハ。ホラホラ。肩は緩めてあげるから
    オジサンの前では眉間のシワも、緩めてね? レイジくん」


******************************************
******************************

back

Designed by CSS.Design Sample